Contents

  1. 概要
  2. 全体のルール
    1. 使用可能な文字
    2. 日付
    3. リビジョン番号
  3. assets
    1. アセット名
  4. shots
    1. ショット名
  5. 一般的なファイル命名規則
    1. 連番ファイル
    2. asset
    3. shot

概要

命名規則自体はかなりの部分がカスタマイズ可能で、プロジェクトのルールに沿ったものに変更可能です。本ページでは標準で提供しているファイルの命名規則を解説します。

全体のルール

使用可能な文字

アセットやショットに関連する名前には a~z, A~Z, 0~9, '-' を使用します。 日本語文字や '_'(アンダーバー) は使用しないようにします。

日付

年号下 2 桁、月 2 桁、日 2 桁の 6 桁で表示します

例 : 140701

リビジョン番号

rev + 番号 3 桁で表示します

例 : rev001

assets

アセット名

エレメント名、バリエーション名を元に作成します。

バリエーション名の頭にエレメント名が含まれている場合はバリエーション名を使用し、含まれていない場合はエレメント名+バリエーション名とします。

例:

assets/human/sato/satoHero の場合 : satoHero

assets/human/sato/Hero の場合 : satoHero

shots

ショット名

episode_sequence_shot と、各段階を '_' でつなぎます

例 : ep001_sq001_sh001

一般的なファイル命名規則

ファイル名は一般的にはprefix[_phase][_comment][.####].extという形で名前をつけます。[]で囲われた部分はオプションで、必要に応じてつけ加えます。

ファイル名に日本語は絶対に使用しないでください。

連番ファイル

連番ファイル名は prefix.####.ext という形式で保存します。パディングは4を推奨しますが、明らかに5桁の連番ファイルができる場合は5桁で設定することもあります。

asset

asset の推奨命名規則は以下の通りです

shot

shot の推奨命名規則は以下の通りです