JCGS


About JCGS

日本CGサービス(JCGS)は、"パイプライン専門チーム構想" を実現し、日本の映像制作の 標準パイプラインを構築するために設立した会社です。

我々は、各社の一部署もしくはサテライトオフィスのような立場に立ち、現場と密にコミュニケーションを取りながら、本当に必要で、 有用なパイプラインを構築していくことをミッションとします。こういった、パイプライン構築を主な業務とする人物はパイプラインエンジニア、 もしくはテクニカルアーティストと呼ばれます。

我々にとって、プログラムを書くことができたり技術に長けているのはとても大事なスキルですが、それだけでは十分とは言えません。 一番大事な仕事は、アーティストとエンジニアの架け橋になることです。

アーティストとエンジニアは同じ日本語を使いますが、その中身は全く別の言語と言ってもいいくらい異なります。そのためお互いの意思疎通が 上手くいかず、最終的には"エンジニアは使えない"という結論に達してしまうことも少なくありません。またエンジニア側も、アーティストの 要求通りにツールを開発したはずなのに使いものにならないと言われてしまう不幸な状況に陥ってしまいます。かつての日本にも優秀なアーティストや 優秀なエンジニア、研究者が存在したものの、その間を繋げる人がいませんでした。その立場に立ち、両者の言葉を理解してツールを作り、 パイプラインを整備していく。これが我々のミッションです。

賛同して頂ける会社様募集中

この計画に賛同して頂き、一緒に日本標準パイプラインを構築していくことのできる会社様を募集しています。

パイプラインを構築しようと計画している、パイプラインを構築したいけれども適切な人材がいない、今あるパイプラインを より良いものにしたいという会社様はご一報ください。

人材募集

JCGS では一緒に日本の標準パイプラインを構築していって頂ける方を募集しています。

エンジニア
問題の分析と解決策の提案に長けていて、ツールを作成したり既存のシステムを組み合わせる事で問題を解決できる能力を有する方
テクニカルアーティスト
アーティストの要求を汲み取り、要求をまとめ、エンジニアに適切な形で伝える事のできる方
アルバイト/インターン
学生の方でCG技術やパイプライン構築に興味のある方

業界経験や他社でのパイプライン構築の経験がある方は大歓迎ですが、必ずしも必須事項ではありません。むしろ、何か一つ秀でた技術を 持っている方や、映像業界にはない知識や経験を持っている方に来て頂きたいです。

エンジニアやテクニカルアーティストは職種としては分けていますが、お互いに交流をし、時には立場を入れ替えてプロジェクトに臨み、最終的にはどちらの 面からも一流と言える人物になっていただくことを目指しています。

連絡先

興味を持って頂けた方は、chiyama(at)jcgs.co.jp までご連絡をください。※(at)の部分を @ に読み替えてください

もしくは、Twitter で @chiyama までご連絡をください。

講演資料


Copyright © 2010 Japan Computer Graphics Service Inc.